水回りのトラブル

ヘッドセットをした女性

住居の中でも最も頻繁に利用する場所が水回りと言われており、水回りのトラブルも多く発生しています。水回りの修理をする業者は数多くあり、特に排水つまりのサービスは多くの人が利用しています。

Read more

畳の手入れ方法

2つのマンション

畳は、日本の気候に非常に適した敷物です。畳の手入れをすることで長く愛用することが出来ます。畳は価格も安価で種類も様々にあります。現在でも多くの日本人に親しまれている敷物です。

Read more

新しいキッチン

階段とリビング

家のキッチンは、食と暮らしを支える大切な場所です。というわけで、リフォームする場合には使いやすくて掃除がしやすいものを選んでみましょう。もちろん、見た目が可愛いキッチンなどもオススメです。

Read more

近年人気のリフォーム

洋館

リフォームを東松山でしたい方はこのサイトで業者を探してみましょう!きっと素敵な家にしてくれますよ!

住宅が劣化するとリフォームを行う住宅が増えてきました。リフォームを行うことでその住宅の寿命が延びます。 日本の一般的な木造住宅の場合、住宅の耐用年数は30年程度と言われています。ですが、これは寿命とはあまり関係ないようです。なので、例えば30年を経過した家がある日突然倒壊するというわけではありません。もしあったとしてもそれは欠陥住宅である可能性が高いのです。 では、なぜ耐用年数が30年と言われているのでしょうか。それは、単に住宅の建て替えサイクルが30年程度だったというだけで、住宅の寿命とは関係ありません。 かつてはリフォームをしようとしてもリフォームをするのが難しい住宅が結構多く、ある程度傷んで来たら建て替えてしまうという考え方が一般的だったのです。それがおよそ30年サイクルだったのです。

最近の住宅はリフォームがしやすい作りになっているため、リフォームをする家庭が増えてきています。定期的にリフォームをすることで、その住宅は50年でも100年でも使えるようになります。 実際に日本の住宅は100年以上前に建てられたものも多く、それがいまだに住居として使われています。 また、歴史的建造物を見ると法隆寺などは1300年前に建てられた建造物ですが、定期的なメンテナンスをしていることで、今のところ劣化による問題はないのです。 このように住宅にはメンテナンスが重要になることは言うまでもありませんが、ただ一般住宅が1000年持つかと聞かれれば使っている素材が違うため、難しいと答えざるを得ません。ただ、全面杉やヒノキの住宅であれば、1000年は難しとしても100以上は余裕で長持ちするはずです。

オススメリンク